テクニカル諏訪子
支援♡ : Monero | Github | Ko-Fi | ファンティア

【ハード】IBM ThinkPad T43にSSDを入る方法

トップページに戻る
凛、 2023年02月03日 — jp, blog, linux, bsd, ハードウェア, ノートパソコン, openbsd

秋葉原のジャンク通りでやっとIBM ThinkPad T43のめちゃくちゃ古いノートパソコンを見つけました。
勿論SSDなしで、金額は6,800円でした。

でも、問題は一つがあります:SSDを入れないってことです。
T43の時代のパソコンはSATAじゃなくて、IDEのハードディスクを使いましたから。
SSDはSATAに変わった時後で作られましたので、IDE系SSDが存在しません。
そうして、IDE系HDDを見つけるのは珍しいです。

でも、一つの方法がありますわ。
mSATA→IDE交換アダプターを使って安くて簡単にSSDを使えます。

使ったやつは下記のです。 KRHK-MSATA/I9
Zheino M3 (256 GB)
買った時、金額は6,297円でした。



ちなみに、SSDはサイズの比較ためです。
それ以外特に関係がありません。


次の問題は、普通に入るのは無理でした。
しょうがないですが、完全に分解しないと、SSDを入れないらしい。(写真を取りませんでしたが)

でも、分解して、SSDを入って、再組み立ったら、ノートパソコンがやっとSSDを読められました!!

次はOSのインストールですね。
メモリは2GB以上で無理ですので、古いOSを利用しか出来ない感じですね。
でも、ネットで古いOSを使うのは凄く危険かしら。
そうして、プロセサーは32-bitですので、新しいOSの選びは少ないのです。
ですから、OpenBSDを入りました。






出たー出た!!出ったーーー

以上


STOP!! SDGsキャンペーン STOP!! スマホキャンペーン

匿名自営業076の設立者
ページのGitリポジトリ