テクニカル諏訪子
支援♡ : Monero | Github | Ko-Fi | ファンティア

【プログラミング】アドバイス2:早期リターン

トップページに戻る
凛、 2023年12月21日 — jp, blog, システム開発, c言語, プログラミング

前回は運命のピラミッドを避ける事について話しました。
運命のピラミッドを避けるる際、早期リターンをよく使用します。

早期リターンとは?

早期リターンは、特定の条件が真(true)の場合に、関数の実行を直ぐに終了させる事です。
例えば、エラーが発生した場合、関数の最後まで実行する意味はありませんので、早期リターンを使う方が良いでしょう。

C言語の例(早期リターンを使わない場合):

const char *get_token() {
  char *token = malloc(64);
  json_object *res = curl_con("auth/login", "POST", data, "");

  if (res == NULL) {
    printf("エラー:ログインに失敗。");
    token = "";
  }

  json_object *data_obj, *token_obj;
  if (!json_object_object_get_ex(res, "data", &data_obj)) {
    printf("JSONで'data'を見つけられませんでした。");
    token = "";
  }

  if (!json_object_object_get_ex(data_obj, "token", &token_obj)) {
    printf("JSONの'data'鍵で、'token'を見つけられませんでした。");
    token = "";
  }

  token = json_object_get_string(token_obj);
  json_object_put(res);

  return token;
}

上記の問題は、3つの異なるエラーチェックがあるにも関わらず、エラーが発生しても最後まで処理を続ける事です。
それは非効率的です。
さらに、上記の例ではメモリリークが発生する可能性がある為、この方法はお勧め出来ません。
そこで、早期リターンを使って問題を解決しましょう。

const char *get_token() {
  char *token = malloc(64);
  json_object *res = curl_con("auth/login", "POST", data, "");

  if (res == NULL) {
    printf("エラー:ログインに失敗。");
    free(token); // メモリ割当しましたが、エラーが発生したから、開放して下さい
    return NULL; // エラーが発生したから、終了しよう
  }

  json_object *data_obj, *token_obj;
  if (!json_object_object_get_ex(res, "data", &data_obj)) {
    printf("JSONで'data'を見つけられませんでした。");
    json_object_put(res); // エラーが発生したから、JSONオブジェクトを開放する
    free(token);
    return NULL;
  }

  if (!json_object_object_get_ex(data_obj, "token", &token_obj)) {
    printf("JSONの'data'鍵で、'token'を見つけられませんでした。");
    json_object_put(res);
    free(token);
    return NULL;
  }

  token = json_object_get_string(token_obj);
  json_object_put(res);

  return token;
}

結果は同じですが、処理が少なくなる為、効率が向上します。

以上


STOP!! SDGsキャンペーン STOP!! スマホキャンペーン

匿名自営業076の設立者
ページのGitリポジトリ